現金化
事前に気を付けたい..クレジットカード現金化を後悔する理由とは何か

クレジットカード現金化は便利な現金化方法です。

しかし場合によっては、現金化を後悔することがあります。

どのような内容なのでしょうか。

業者にだまされたように感じた

換金率が低い、現金化までのスピードが遅い、対応が横柄など、実際に業者で現金化すると、初めて気づくこともあります。

これらは見積もりを実際に取ること、営業時間の確認、電話やメールで問い合わせしてみる、などで申し込みする前に業者の対応の仕方がわかってきます。

また悪徳御者でないか知るためには、実績や口コミなどを調べて、運営情報を確認してみてもよいです。

業者は公式ホームページでは宣伝のために良いことのみを書いていたり、不透明な部分があってもそのままにしてあります。

騙されたと感じないようにするためには、自分で事前に業者のチェックが必須です。

返済できない

クレジットカード現金化は便利な現金化方法ですが、実際には後払いの仕組みをうまく利用して現金化しているだけのため、カード会社に期日が来たら返済しないといけません。

たくさん現金化すれば業者に支払いをした手数料を含めた分を期日までに支払わないといけなくなるため、返済を先送りにしただけで金銭ぶりが楽になったということでもありません。

リボ払いや分割払いOKの業者もありますが、月々の返済は楽になっても、返済するまでお金を払い続ける必要があります。

楽な現金化方法ですが、使いすぎると返済できなくて後悔することになります。

クレジットカード現金化を後悔する理由とは何か

クレジットカード現金化は、後払いの仕組みをうまく利用した現金化方法です。

そのため、返済は必ずあり、使いすぎるとお金を返せなくなります。

また、業者にもさまざまなタイプがあり、ホームページにはよいことしか書かないため、利用者は悪い面に気づかないことがあります。

実際の換金率、現金化までのスピード、接客力などに注意してみると、後悔はしなくなってきます。

また悪徳業者にだまされないようにするために、実績や口コミ、運営情報などはよく確認したほうが良いです。

事前に直接業者に問い合わせをして、対応を知ることでわかることもあります。

現金化
業者を利用してクレジットカードの現金化をするよりは自分でやることのほうが利点は多い

クレジットカード現金化の方法はいくつあるのでしょうか。

実はそんなにやり方が多いわけではありませんから、どちららかの方法を選ぶことになりますが、自分でやる時間と手間を惜しまないのであればそちらの方が良いことも多いです。

あくまで計画的に利用するということが重要ではありますが、とにかく自分でクレジットカードの現金化ができればこれにこしたことはないでしょう。

業者を利用する不安

クレジットカードの現金化業者というのがあるのでそういうところを利用して手っ取り早くという方法もないわけではないのですがやはりここで不安になるのはこちらの情報をそういう業者に与えるということでしょう。

実際問題として特に問題があることではないです。
例えばネットで評判を調べて良いところを選べば基本的には変なトラブルに巻き込まれるということもありませんので問題はないのですがやはり自分でやった方が良いという側面は多いです。

業者は素早く行ってくれることもありますが地味に時間がかかるようなところもあったりして業者選定に時間がかかるということも含めてやはり自分でやった方が良い側面は多いです。

自分でやる利点

クレジットカードの現金化を自分でやろうとすることの利点としてあるのが商品を購入するわけですがその商品の選定というのを自分でできるという点でしょう。
業者で換金するよりも高い換金率でできるというポテンシャルは秘められているわけですそれも絶対的なことではないのでやや手間がかかるということではありますがその手間を惜しまないでやりたいという人にとっては業者を利用するよりも自分でやることの方が色々とリスク回避なんかもできますし、利点は多くあるわけです。

業者を利用するか自分でやるかというのはまさに自分で選べるところになりますので自分の利点が大きいと思える方を選ぶようにしましょう。
個人でやることの方が利点が多いのでしょうが、業者を定期的に活用するというのもありです。

クレジットカードの現金化の方法は業者を使うか自分でやるかということになりますが自分でやろうとする利点が大きいです。

業者で換金するよりも換金率の高いものをしっかりと選んでやることによってより効率的にできるようになるということが期待できるからです。

リスク回避という点においても業者を使うよりも良いことは多くあるわけです。

現金化
バレないようにクレジットカードの現金化をしたいときにはどうするべきなのか?

安全にクレジットカードの現金化を行いたい場合には、考えることがいくつかあります。

絶対的な安全性というのがあるわけではないのですが下手に業者を介して行うというよりも自分でやることの方がバレにくいという可能性が高いです。

お勧めできるのは自分で換金率の高いものを購入して細く売っていくことによってクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

買う頻度を抑える

クレジットカードの現金化においてやはり何だかんだでリスクとして大きく認識されているのがカード会社に発覚した時にカードの利用の停止処分を受けたりとか使った分の一括返済を求められるといったようなリスクです。

そういうリスクを抑えるためにも一度にショッピング枠を全て使うというのではなく、細く使うとか同じ新幹線の回数券のチケットなんかを購入するにしても窓口を変えるとかそういうことをするだけでも発覚するリスクというのは下げられるようになります。

絶対的にバレないとは言い難いことではありますが、バレないような行動を意識して現金化するということでリスクは抑えられるようになることでしょう。

日時の間隔をあけて買うというのもよいでしょう。

売却先はそこまで気にしなくてもよい

売却先に関しては基本的に特に考える必要性はないです。

売れるところであれば基本的にはどこでも問題ないと思います。

もちろん高く売りたいという所に関して言えば考えるべきではありますが、要するに安全にクレジットカードの現金化を行いたいという事において売却先を考えることはそれほど重要ではないということです。

それはクレジットカード会社が判断することに関して言えばそれは自分のカードの利用履歴の話であって買ったものをどこで売却したかの情報なんて手に入るわけがありませんのでそこは気にしなくてもよい要素といえるわけです。

買ったものを売るところといえばリサイクルショップや金券ショップ、質屋、或いは自分でオークションなどを活用して売却するということもありでしょう。

クレジットカードの現金化を行う際に気を付けたいのは発覚した時に停止処分などを受けることです。

逆を言うとバレにくいようにやろうとするということが求められるわけで、業者を使うよりは自分で買ったものを売るほうがよいでしょう。

その際にも買う頻度を抑えるとかスパンを長くするということで対策とすることができます。

現金化
大黒屋を使ってクレジットカード現金化はできる?どんな方法があるのかご紹介

手持ちの現金がなくて困っているとき、解決の手段としてクレジットカード現金化を思いついたとき、チケット大黒屋を思い浮かべるかたは多いでしょう。

大黒屋はブランド品や家電製品、ファッションアイテムや各種金券類など、幅広く買取している全国展開の大手業者です。

そんな大黒屋でお得にクレジットカードを現金くするためにはどうすればいいのか、ご紹介していきましょう。

クレジットカードで購入したものを買い取ってもらおう

大黒屋は専門業者のように、クレジットカードを直接現金化できません。

まずはクレジットカードを使って高く売れそうな商品を購入してから、大黒屋に持ち込んで査定を受け、買い取ってもらうのが主な手段になります。

現金化してもらうまでには商品購入から査定、現金受け取りまである程度手間も時間もかかってしまうことは理解しておきましょう。
また、大黒屋では金券類の買取も行っていますが、クレジットカード現金化の際によく利用されているアマゾンギフト券やiTunesカードなどは取り扱い不可となっています。

申し込みをする前に、大黒屋ではどういった商品の買取に対応しているのかを調べておいたほうが賢明です。

もちろん、状態の悪いものは査定価格が下がってしまいますので、取り扱いには十分に注意しておいてください。

大黒屋ではさまざまな買取手段を選べるのが便利

大黒屋では買取手段を選べるのも特徴の1つです。

全国展開していて店舗数も多いことから、どこに住んでいても直接お店に持ち込みやすいのもメリットですが、忙しくて営業時間内に足を運ぶのが難しい場合には、郵送や宅配で商品を送り、査定を受けることができます。

郵送や宅配買取では買取申込書のほか、身分証の写しの同封が必要です。

商品と必要なものを送ってしばらく待つと査定の連絡があり、問題なければ指定した口座へと現金が振り込まれる仕組みになります。
入金までに数日かかってしまうのがデメリットですが、対面査定が受けられないからといって買取価格が下がることもありませんので、急ぎではない場合には有効な手段になるでしょう。

大黒屋での現金化は安全ですし、お店はプライバシーに配慮されており、リラックスして査定を受けることができます。

もちろん、査定額に納得がいかなければキャンセルが可能です。

また、大黒屋では今何が高く売れるのか、お店の買取相場を調べてから商品を購入することができ、より高い換金率での現金化が適います。

クレジットカード現金化に慣れていないかたでも利用しやすいためおすすめです。

現金化
手軽に現金を用立てることができるクレジットカード現金化は違法じゃないって本当?

借入以外の方法で、今すぐ必要な現金を用立てたい、そんな時に有効な方法がクレジットカード現金化です。

ただ、クレジットカード現金化は違法なのではないか、利用をすると逮捕されてしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化は法律に触れる行為ではありません。

どうしてクレジットカード現金化は違法とはならないのか、方法に関わらず安心して利用することができるのかを簡単に説明していきましょう。

買取式のクレジットカード現金化は違法?

クレジットカード現金化の手段の一つが、カード払いで購入したアイテムをその場で買取して貰う方法です。

買取ショップを使えば、個人でも行える現金化の手法ですが、専門業者を使えば複数の店を巡ったりする必要なく、手軽に現金化を進めることができます。

購入したけれど、気に入らなくてリサイクルショップなどで売ってしまうという行為は、珍しいものではありません。

プレゼントとして購入したアイテムを受け取って貰えず、持て余して売ってしまうこともあるでしょう。

そのため、買った物を売るということは違法となる心配はありません。

ただ、カード会社の規約では、売却目的の購入が禁止されていることが殆どのため、怪しまれない程度の利用を心がけておくことがおすすめです。

キャッシュバック式のクレジットカード現金化は違法?

クレジットカード現金化で主流となっているのは、買い物の特典として、購入代金の一部を受け取れるキャッシュバック式のサービスです。

キャッシュバックというシステムは、クレジットカード現金化以外でも、様々な業者で使われているもので違法となる心配はありません。

ただ、このシステムを成立させるためには、商品の受け取りが必要となります。

商品を受け取りをせずキャッシュバックのみを受け取ると、融資と変わらない状態となります。

貸金業者以外が、勝手に融資をすることは違法行為となります。

そのため、キャッシュバック方式で安全に現金化を行いたい場合は、業者から届く商品を忘れず受け取る必要があります。

家に商品が届くことを避けたい場合は、コンビニ受け取りなどの方法を使うのも良いでしょう。

違法とならないクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、買取式でもキャッシュバック式でも基本的には違法となる心配はありません。

カード会社の規約違反となることはありますが、怪しまれる履歴を残さなければ安心して使うことができるでしょう。

ただ、キャッシュバック式に関しては、商品の受け取りを拒むことによって出資法や貸金業法違反となってしまうことがあります。

安全にクレジットカード現金化を行いたいのであれば、違法行為にならない利用方法を心がけておくことが大切です。